中学受験でのNG

高校受験や大学受験と中学受験が大きく異なる点となるのが、受験生がまだ小学生ということです。中学生や高校生だと将来の為にここで頑張るべきということ理解しているものです。しかし、小学生はまだ将来のことは漠然としか意識していないはずです。さらに、中学受験の重要性についてもあまり理解をしていないことが多いです。そのため親御様は当然まだ子供と思って接してあげることが大事になります。

子供の視点で考えると、親から評価されたいと思って、言うことに従う傾向にあります。しかし、これは決して良いことではありません。中学受験は子供が自発的に勉強をすることが必須です。親御様に従う為に勉強をしているのでは、本当の意味で学力アップするとは考えにくいです。さらに、ストレスで勉強ができなくなってしまうということも考えられます。頑張らないといけないと思って無理をしてしまう恐れもある為、親御様は理解をしないといけないです。

色々な角度から物事を見ることができない年齢であるのが小学生です。親の考えを押し付けてしまうと、子供のストレスや無理をしてしまうことに繋がります。親子でしっかりと中学受験に向き合うということが必要になります。