中学受験と小さな目標

大きな目標となるのが中学受験合格であるのは間違いありません。しかし、早いご家庭だと小学4年生になった時に中学受験の勉強をスタートさせますが、この大きな目標までモチベーションが保つことができるかは怪しいものです。多くの子供は漠然としか目標を定めていないと、勉強に対する意欲がわかなくなってしまいます。特にまだ小学生の子供にとっては、中学受験は人生の中で一番高い目標になるはずです。初めての経験であるとともに、成功経験もない為、戸惑ってしまう場面も少なからずあるでしょう。

だからこそ大事になってくるのが、小さな目標を設定することです。たとえば、今度のテストで目標となる点数をクリアすることなどです。遠くにある目標を達成しようとするよりも、目の前の目標を達成しようとする気持ちの方が上回る方が多いはずです。いくつもの小さな目標をクリアしていき、最終的に大きな目標である中学受験合格となるのが望ましいです。

長期間に亘ってのモチベーション維持は非常に難しいことで、まだ小学生の子供には無理があります。どういった目標を設定するかは子供の性格や成績などを考慮してもものとなりますが、小さな目標はたくさん設定した方が良いのは間違いありません。