中学受験親のすべき事

中学受験で親がすべきことは学習内容の把握や勉強時間の管理など多々あります。やってはいけないことになるのは、他人と比較をすることです。どうしても友達が中学受験を受けているとなると、成績を比べてしまいがちですが、親御様は友達の成績を持ち出してはいけません。あくまでも今までの子供の成績と比べて考えるべきで、友達との比較は全く意味がありません。

さらに、些細なことでもしっかり褒めてあげるということが大事になります。中学受験の勉強をしている子供は肉体的にも精神的にもきつい状態にあります。このきつい状態を親御様がしっかり理解をしてあげることが子供にとって大きいです。そのため、褒めるべきところはしっかりと褒めることによって、子供の気持ちは前向きとなっていきます。褒める時にはどういった点が良かったのかを具体的に褒めることもポイントです。

また、子供を見放すような発言は慎むべきです。親御様も人間なので、つい感情的になってしまうということがあるでしょう。しかし、その発言一つで子供の心は傷ついてしまい、親子関係の大きな傷となってしまうこともあります。些細な発言一つでも子供は覚えているものであり、注意しないといけません。